Mont Fuji



今、le cousin de mon mari (ダンナの従兄弟) と sa femme (彼の奥さん) がフランスから遊びに来ています。un peu moins de deux semaines (2週間弱) の滞在で、しかも初めての日本、初めての l’ Asie (アジア) ということで、やれ le quartier chinois (中華街) だ、やれ鎌倉だ、やれ浅草だと、毎日忙しく観光しています。

そして、昨日の朝、sa femme から、

« Je voudrais voir le Mont Fuji. » (富士山が見たいの。)

とリクエストがありました。やはり、日本と言えば、フジヤマなんですねえ。
ce week-end (今週末) の予定は京都観光なので、

« Tu pourras le voir du Shinkannsenn. » (新幹線から見えるよ。)

と言ってみましたが、そんなんじゃ、満足できない様子。この時期、お天気が良いと、家の近くの公園からも頭がちょこっと見えることがあるんですけどね。やはり une carte postale (絵葉書) みたいなのが見たいのでしょう。お風呂屋さんにでも連れて行ってみましょうか。

さて、フランス語で「山」は la montagne ですが、「富士山」のように「〇〇山」という時には、le mont 〇〇 と言います。例えば、le guide Michelin (ミシュランガイド) にも掲載され、les touristes étrangers (外国人観光客) も大勢訪れるようになった 高尾山 は le mont Takao と言います。子供達と先日行ってきましたが、le mont Fuji が綺麗に見えました。

 ちなみに、les marrons (栗) のお菓子、le Mont-blanc (モンブラン) の mont もこれです。les marrons のペーストがモリモリの感じを le plus haut sommet d’Europe (ヨーロッパ最高峰) に見立ててついた名前らしいですが、blanc は白、つまり「白山」という意味なのです。

この頃は「紫芋のモンブラン」や「イチゴのモンブラン」なるものもお見かけすることがありますが、
「これじゃ、le mont-violet、le mont-rose でしょっ!」と心の中でツッコミながら、美味しくいただいております。

キャットフードや、コーヒーなどの商標で mon が使われていますが、こちらは「私の」を意味する所有形容詞なので、混同しないように気をつけましょう。
したがって、「私のモンブラン食べないで!」は

« Ne mange pas mon Mon-blanc ! »


と、なります。自分のデザートを取られそうになって、悶々とする感じが出ますね。
え?寒い?春が待ち遠しいですね。

小1の次男によると、そうらしいです ^^;
先日一緒に行ったのが、楽しかったのでしょうね


la température ressentie

寒い日が続いていますね。
先日、夕飯におでんを食べていると、長男が、
« On ne dirait pas qu’on soit tous dans la même pièce. » (みんな同じ部屋にいるとは思えないね)と言い出しました。

確かに、長男は un tee-shirt (Tシャツ)、次男は un sweat (トレーナー)、そして私は un pull col roulé (タートルネックセーター) という姿。
そして、ついには次男が、おでんを食べているうちに「暑い、暑い」と言いながら、torse nu (上半身裸) になってしまいました・・・。

未だに長男は、dans la journée (日中は) à manches courtes (半袖) 過ごしているようです。一応、家を出る時には à manches longues (長袖) の上着を着てはいますが、dès qu’il est arrivé à l’école (学校に着いた途端)、それを脱いでしまう様子。
次男の方も、dès qu'il est rentré à la maison (家に帰った途端), 裸足になってしまうし、一枚、また一枚と、遊んでいるうちに à manches courtes になってしまうことも。

frileuse (寒がり) の母とは、どうも la température ressentie (体感温度) がかなり違うようですね。子どもは風の子、このまま元気に冬を乗り切って欲しいものです。

さて、la température は「温度」、ressentir は「感じる」で、ressentir の過去分詞をつけて、体が感じる温度、ということで「体感温度」という意味になります。

Paris は寒そうですね ><
ちなみに、iPhone の「使用言語」を français に設定すると、la météo (天気予報) の欄に、lever (日の出), coucher (日の入り), risque de pluie (降水確率) などの下に、ressentie とあります。lever は le lever du soleil, coucher は le coucher du soleil が省略されているのですが、「体感温度」も、la température が省略されている訳ですね。  


毎日幾度となく目にすると、少しずつでも覚えてしまうものなので、お使いの smartphon の使用言語を français にしてみると、「へえ、こんな風に言うんだ〜」という発見をしつつ、 ボキャブラリーが増えるかもしれませんよ。是非、お試しください。

merci d’avance



Bonne et heureuse année 2017 !! 

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、この時期はレッスンでも « Bonne année ! » と挨拶をするのですが、その際、
« Comment dit-on « 今年もよろしくお願いします » en français ? »(「今年もよろしくお願いします」はフランス語でどう言うのですか?)
という質問を受けることがあります。
正解は、それに該当する表現はない、です。
les cartes de vœux (年賀状) に書く une formule conventionnelle (常套句) でもあるこの表現ですが、では、フランスではどんなことを書くのでしょうか?

Je vous souhaite une bonne et heureuse année. (あなたにとって、良き、幸せな年になりますように) 
Tous mes vœux de bonheur à ○○ pour 2017. (○○ さんの、2017年の幸せを祈ります)

といったように、相手の幸せを願うような文言が一般的です。また、だいたい1月いっぱいは les cartes de vœux を送り合う習慣があるので、今から送っても、まだ失礼には当たりません。一言だけでも、何かメッセージを頂くと嬉しいものですよね。知り合いがいるけど、なんて書いていいか分からない、もう1月になっちゃったし・・・、なんて方は、是非、送ってみてください。

さて、「よろしくお願いします」ですが、何かお願いをして、それに対して「よろしく」と言いたい場合には、 « merci d’avance » や « Je vous remercie d’avance. » という表現があります。直訳すると、「前もって感謝をする 」とう意味です。予めお礼言っとくから、やってね、という感じでしょうか。なので、新年の挨拶としては、ちょっと相応しくありませんね。

さてさて、すっかりサボり癖がついてしまったこのブログですが、今年もぼちぼちと、なるべく更新するように頑張ろうと思いますので、引き続きご愛読よろしくお願いいたします。


Merci d’avance !

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...