l’entraînement

「いよいよ夏本番!」
と、言われ始めた頃からなんだか涼しくなり、比較的過ごしやすい日々が続いていますね。
今年は記録的な une canicule (猛暑) になると言われていただけに、少し拍子抜けです。  
これからが「本番」だったら、今のこの暑さはなんだろう、こんなに本気で練習しなくたっていいのにな、と先日までは思っていましたが、練習で力を使い果たしてしまったかのようですね。

さて、フランス語で「練習」は、どんな言い方をするのでしょうか。

まず、le sport (スポーツ) の場合には、l’entraînement と言い、動詞は s’entraîner です。
例えば、「週末サッカーの練習があるんだ」と言いたい時は、
“J’ai un entraînement de foot ce week-end.” 
もしくは
 “Je m’entraîne au foot ce week-end.” となります。後ろに à +動詞の不定詞をつけて、
“Je m’entraîne à nager.” (泳ぐ練習をする) という使い方もあります。 

元々 entraîner は、物や人を引きずって行く、運ぶ 、導く、という意味があり、そこから広がって「訓練する、トレーニングする」という意味になっています。それの代名動詞の形で、「自分自身を訓練する」ことになる訳ですね。ちなみに、コーチ、トレーナーのことは、entraîneur と言います。

それに対して、le théâtre (演劇) などの場合には、la répétition と言い、動詞は répéter となります。la leçon de français (フランス語のレッスン) 中にもよくやる、répéter, つまり繰り返すことですね。son rôle (自分の役) についてだけでなく、son discours (講演) や la danse (ダンス) の稽古のこともこう言います。

いよいよ ce week-end に迫った l’élection du gouverneur de Tokyo (東京都知事選) の les candidats (候補者) の皆さんも、きっと répéter son discours をなさったことでしょう。私は横浜市民なので、le droit de vote (選挙権) はありませんが、この l’élection, 大変興味深く見守っております。 


 一昨年 は le typhon (台風) のせいで、去年は家族の事情で annulé (キャンセル) になってしまった槍ヶ岳登山に、cet été (今夏) こそチャレンジする予定です。先日 les chaussures (靴) を新調したこともあり、l’entraînement をしようと、le week-end に神奈川北西部の丹沢に日帰りで行ってきましたらば、見事に全身激しい les courbatures (筋肉痛) に襲われ、げんなりしています。

le Soleil (お日様) もこんな感じで、本番前の l’entraînement で力尽きてしまったのでしょうか。このまま、このくらいの暑さが続くことを願いつつ、自分の普段の生活の l’entraînement 不足を今更ながら悔やんでおります。

cartes de jeu

aux États-Unis (アメリカでは) いよいよ l’élection présidentielle (大統領選) が大詰めを迎え、日本でもトランプ氏の名前を聞かない日はないくらいですが、春に小学生になった我が家の次男も、トランプで一人遊びをするようになりました。

えっ?Ça n’a rien à voir ? (関係ない?)
はい、そうですね。

ちなみにカードゲームの方の「トランプ」は、フランス語では les cartes de jeu もしくは les cartes à jouer、直訳すると、「ゲームのためのカード」という言い方をします。
さて、次男が遊んでいるのをちょっと聞いていると、

「あ、チクチクの8あった」
「ブロッコリーの王様!」

などと言っております。

どうやら、チクチクはスペードのこと、クローバーはブロッコリー (brocoli) と呼んでいる様子。確かにうまく捉えているし、何とも可愛いので、今のところ敢えて直さずに放っておこうと思います。そのうち des  copains (友達) と遊びながら覚えるでしょう。

ところで、それぞれのマークはフランス語でなんと言うのでしょうか。

♡ cœur ;ハートもしくは心臓
♤ pique ;槍
♢ carreau ;小さな正方形、碁盤目、タイル
♧ trèfle ;クローバー、シロツメクサ

つまり、「チクチクの8」は “ huit de pique ” となります。

では、絵札の方はどうでしょう?

キングはそのまま王様を表す roi, クイーンは貴婦人、女王を表す dame, ジャックは従者、侍者を指す valet と言い、「ブロッコリーの王様」は “ roi de trèfle ” となります。ちなみに、カードには、それぞれ、K → R, Q → D, J → V と書いてあります。  
  
また、A;エースのことは as と言うのですが、カードには通常 A ではなく1の数字が書かれています。


デザインも、légendaire (伝説の) もしくは実在の les personnages (人物) をモデルにしたものがあったり、色使いも original (独特) なものもあるので、le prochain voyage en France (次のフランス旅行) の un souvenir (お土産) に、les cartes de jeu というのも面白いかもしれませんね。

casque

この度の熊本地震により、お亡くなりになった方々に謹んでお悔やみ申し上げますと共に、被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

横浜市の l’école primaire (小学校) では、入学の際に家庭で揃える物の1つに、防災頭巾がありましたが、東日本大震災後に見直しがあったのか、l’année dernière (去年) から「タタメット」なるものが新入学児に支給されることになりました。

この春ピカピカの一年生になった我が家の次男の「入学のしおり」に記載のあったこの「タタメット」、名前から、pliable (たためる:plier : たたむ + -able : 〜できる) un casque (ヘルメット) なんだろうと、想像はしてましたが、どんなものだろうと楽しみにしておりました。

そしていよいよ家に持って帰ってきた日。

à première vue (パッと見は) とても compact (コンパクト)。確かに畳んである様子。
可愛いイラストと、大きなひらがなで書かれた le mode d’emploi (使用方法) を見ながら、次男がかぶってみました。小さな手で一生懸命開いて、頭に冠って、au menton (あご) でパチッと留め金を attacher (留める)まで、軽く3分はかかってしまいました。

「こんな呑気なことしてらんないよねえ、もしもの時はさあ。」と次男。

思わず2人で大笑いしてしまいました。6歳児をしてこう言わしめるタタメット、大丈夫なのか?


よく見ると、le mode d’emploi と一緒に、学校からのお手紙があり、何度も家で練習をしてきて下さい、とのこと。 un chronomètre (ストップウォッチ) と一緒に、何度も練習をした結果、なんと en 30 secondes (30秒で) できるようになりました。これで「もしもの時」も何とかなるかと思いますが、そんな日が来ないことを、心から祈ります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...