journal intime


先日、息子達と un centre commercial (ショッピング・センター) へ行ったところ、小2の次男が 
« Je voudrais un cahier. » (ノートが欲しい) 
と言うので、une papeterie (文房具店) へ入りました。

l’école (学校) で使うノートは足りているはずなので、どんなノートが要るのか聞いたら、

「人生で起きたことを、忘れないように書いておくためのノートが欲しい」
とのこと。

あのぅ、それは、世間一般で言うところの「日記」ですかね・・・。 

結局、la couverture (表紙) も自分で作りたいからと、le plus simple possible (できるだけシンプルなもの) を選び、ご満悦で家に帰りました。

ところで、「日記」はフランス語で、le journal intime と言います。
le journal は「新聞」と覚えていらっしゃる方は多いと思いますが、 実は「日記」という意味もあるのです。intime は「親密な」や「私的な」という意味で、le journal だけでも充分なのですが、intime をつけると、より一層、「自分のためにつける日記」という意味合いが強くなります。

また、日記を「つける」と言いたい時には、écrire ではなく、tenir le journal と言います。
フランス語学習は、単語・表現や文法、動詞の活用など、覚えることが多くて、インプットに偏りがちですが、習ったことを出すアウトプットも大切なので、tenir son journal intime はお勧めの学習法です。たった一言でも、その日にしたこと、明日の予定などを l’agenda (手帳) に書いてみるのも良いですね。

さて、我が家の次男の le journal はというと、
« Finalement, ja vais écrire une histoire. »「やっぱりお話書くことにする」

と言って、une aventure d’un inventeur anglais (イギリス人発明家の冒険) の une histoire (お話) を書き始めました。まるで le journal のように、avant de se coucher (寝る前に) 少しずつ書いているのですが、親バカ母は今から仕上がりが楽しみです。さあて、いつになるやら・・・・。

accent

先日、5年生になった長男が、le lendemain (翌日) テストがあるというので、漢字の書き取りをしました。

「猫をかう」と言ったところ、
「買う」と書くので、
「ペットショップに行くわけじゃないの!」と言ったら、

「だってお母さん、『買う』って言ったよ。テストに出るのは、『飼う』だよ」
と返してくるので、
「知ってんだったら、最初からそう書きなさいよ!」

と、危うく親子ゲンカになりそうになりましたが、
どうやら、私の l’intonation (イントネーション) が違っていたようです。母の威厳を保つべく、次回からは、面倒でも紙に書いてテストをしようと心に決めました。

富山生まれ富山育ちの私の母語 (la langue maternelle) は富山弁。普段は標準語を話しているつもりですが、未だに l’intonation が怪しい語が時々あります。結局『買う』と『飼う』の違いはよくわかっていませんし、「実が『なる』」と「ベルが『なる』」の違いや、「タマが子猫を『産む』」と「足の怪我が『膿む』」などは、いつまでたってもうまく使い分けられません。

同じ音の単語でも、「橋」(le pont) と「箸」(les baguettes), 「雨」(la pluie) と「飴」(les bonbons) 、「雲」(les nuages) と「蜘蛛」(l’araignée) など、l’intonation で意味が変わり、また、地方によっても違うので、日本語は本当に難しいですね。

フランス語も、la prononciation (発音) が難しい、とよく言われる言語ですが、いわゆる「訛り」のことは l’accent と言います。

「訛りがある」は avoir de l’accent, 
それが例えば
日本語訛りであれば、l’accent japonais, 
英語訛りならば l’accent anglais  となります。

地方を表す形容詞を付けて、
l’accent marseillais (マルセイユ訛り) や l’accent bordelais (ボルドー訛り)  
という使い方もできます。

外国語を学んでいると、parler sans accent (訛りなしで話す) ことに憧れを抱くもので、私もかなり苦労して、努力を重ねてここまで来ましたが、今となってみたら、le malentendu (誤解) を招かない程度の l’accent は、むしろ charmant (チャーミング・魅力的) に思えます。
sans accent で薄っぺらい話をするより、 l’accent が多少あっても、自分の意見を自分の言葉でしっかり伝えられる方が良いですよね。
とは言うものの、フランス語は音をとても大切にする言語ですから、一つ一つの単語の la prononciation はもちろん、l’intonation にも気をつけながら、これからも頑張っていきましょう!

Abribus

先日、息子達と出掛けた帰り道、家の近くの l’arrêt de bus (バス停) に貼ってある la bière (ビール) の une publicité (広告) を見つけた次男が、

「あ!『やっちゃえ日産』の人だ!」と指差しました。
そして、
「この人って、宣伝のプロの人?」と長男。

「・・・・。」(私)

家庭教育ができてなくて、すみません、永ちゃん。
今度の休みに、le roi du rock n roll (ロックの王様) の姿を見せておきます。

ちなみに、日本では「〇〇の神様」とよく言いますが、フランスでは le roi de 〇〇を使うことが多いようです。唯一神が文化の基本にある国と、八百万の神様がいる国では、un dieu / une divinité (神様) の重みが違うのかもしれませんね。日本には le roi がいたこともありませんから、馴染みがないことも関係しているかもしれませんが。 

さて、それはさておき、depuis quelques années (数年前から)、横浜市の、特に大通り沿いの les arrêts de bus が、un toit (屋根) と un banc (ベンチ) 付きの confortable (快適な) で、ちょっとオシャレなものに取り替えられています。そして la plus grande caractéristique (一番大きな特徴) は、大きな une publicité が付いていること。

実はこれ、フランスの JCDecaux という会社が発案した l’Abribus というもので、広告収入で l’installation (設置) から l’entretien (維持・管理) の les frais (費用) をまかない、la compagnie de bus (バス会社) や les municipalités (自治体) の負担は0という、画期的な le concept (コンセプト) なのです。

l’abri は「保護する、防ぐ、(人を) 収容する」という意味の abriter という意味の動詞の名詞で、「避難所」「避難小屋」「防空壕」という意味があります。また、à l’abri de 〜「(危険・不都合なこと) を逃れて 」という表現でも使われます。

sur toute la France (フランス中に) 広まり、今では l’Europe (ヨーロッパ) だけでなく、l’Amérique du Nord (北アメリカ), l’Amérique du Sud (南アメリカ), l’Afrique (アフリカ), le Moyen-Orient (中近東), l’Asie (アジア), l’Océanie (オセアニア) と、世界中で取り入れられ、日本では三菱商事との合弁会社、MCdecaux が管理運営しているようです。


そのままフランス語をカタカナにすると、「アブリビュス」と、なんか居酒屋かお寿司屋さんで出てきそうなメニューっぽいからなのか、今のところ「広告付きバス停留所上屋」や「広告パネル付きバスシェルター」と呼ばれているようですが、そのうち、短くて親しみやすい名前が付けられるといいですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...