attendre


先日、次男に un petit service (ちょっとした頼み事) をしたのですが、
「ちょっと待って」
と、絵を描き続け、なかなかやってくれません。
待ちきれず、
「じゃあ、もういいよっ!トマにお願いするからっ!!」
と、ちょっとムッとして言うと、

「いつもお母さん、ルカに『待って』っていうけど、ルカ、何も言わないでちゃんと待ってるよ。だからお母さんも待ってて」と諭されてしまいました・・・。
確かに、il a raison (彼の言う通り)です。思わず、
「ごめん」
と素直に謝りました。

ところで、日本人同士では、「お待たせ」という言葉をよく使いますが、フランスではどうでしょう?

フランスに留学していた頃、la famille d’accueil (ホストファミリー) や des amis (友人) と出掛ける際など、ちょっと les préparatifs (準備) に手間取ってしまったり、出先で aller aux toilettes (お手洗いに行ったり) して、他の人を待たせてしまった時に、何か一言言いたくて、

“Désolée de vous avoir fait attendre.” (待たせてすみません)
“Merci de m’avoir attendue.” (私を待っていてくれてありがとう)

など言ってみたりしたものですが、なんか、「お待たせ」よりも、ちょっと大袈裟な感じがするのです。
もちろん、le rendez-vous (約束) に大幅に遅れてしまった時などは、上記のような表現を使いますが、日々のちょっとした「お待たせ」の訳としては、あまりしっくりきません。

では、実際に les Français (フランス人達) はこんな時、何と言っているのでしょう?
人それぞれだとは思いますし、 特に何にも言わない人も多いようですが、よくあるのは、

“ Ça y est.” や “ Voilà.” などの、「自分は準備OK」を表すようなことを言って、しれっと、 
“ On y va ? ” (行こうか?) などと言ってしまうのです。
初めは、「自分が皆を待たせておいて、あなたが “ On y va ? ” って言う訳 ?!」なんて、ちょっとイラッとしたものですが、それは le tempérament (気質) の違いというものですね。

私から見ると、les Français はかなりマイペースな国民性なので、その分、他の人のペースにも tolérant (寛容) なのかもしれません。誰かを待たせて申し訳ない、ということもなければ、多少待たされても平気なのかもしれませんね。

少し前、日本では KY;空気を読まない、なんて言葉が流行りましたが、日本人独特の感覚だと思います。「空気を読む」をフランス人に説明してもなかなか理解してもらえないでしょうし、万が一分かってもらえても、
“ Et pour quoi faire ? ” (で、なんのために?)
と言われてしまうのが関の山でしょう。

今の若い人達は、この「空気を読む」ことに、とても疲れているということも耳にしたことがあります。あんまりマイペースを押し通すのも問題ですが、周りに気を遣い過ぎるのも、疲れますね。ちょっと KY なくらいな方が、もしかしたらいいのかもしれません。
何事もほどほどに、un bon équilibre (いいバランス) を大切にしていきたいものです。 

perdre ses dents



先日、家に帰ると、5歳の次男が
“ Maman ! J’ai perdu ma dent ! ” 

と言いいながら l’entrée (玄関) に駆けつけてきました。

dent は「歯」のこと。日本語でも、○○ デンタル・クリニックという l’enseigne (看板) を掲げている les dentistes (歯医者さん) がありますし、デンタルフロス、デンタルリンス等、「デンタル」と言えば「歯」に関することだと分かりますね。

perdre は「無くす」で、つまり次男の1本目の (les dents de lait) 乳歯が抜けたのです!フランス語では、歯が「抜ける」ことを、まるでどっかで落とし物をしたみたいに言うのです。面白いですね。
他にも、
髪の毛が抜けることも “ perdre ses cheveux ” ですし、 
体重が減ることも “ perdre du poids ” と言い、例えば「3キロ痩せた」は
“J’ai perdu trois kilos.” となります。
ちなみに反対は “ prendre du poids ”, 「3キロ太っちゃった!」は
“ J’ai pris trois kilos.” です。  

さて、長男の時は、なかなか抜けない気がして、1本目が抜けた時は、” Enfin ! ” (やっと!) という感じがしましたが、次男は “ Déjà ? ” (もう?) という気がします。でも、よ〜く思い出してみると、実はほとんど同じ年齢の頃。次男はいつまで経っても小さい気がしてしまうのは、 la mère (母親) の感覚でしょうか。

そんな次男は、
“ C’est pratique maintenant, je peux mettre ma paille ici ! ” (便利になっちゃった。ここにストローを入れられるの!)
と、du lait (牛乳) を飲む時、抜けたスペースに la paille (ストロー) を入れてご満悦。

元々、 son sourire (彼の笑顔) は「にこっ」というより、「にやっ」という、なんか企んでいるような感じなのですが、1本前歯がないと、余計に coquin (いたずらっ子) っぽい l’impression (印象) が強まります。 
この先、どんな悪戯をしでかしてくれるのか、楽しみなような、心配なような。
ne pas perdre mon sang-froid (「冷たい血を無くす」=冷静さを失わない) ようにしながら、見守っていきたいと思います。

table de multiplication




長男トマは現在 en deuxième année de l’école primaire (小学2年生) 。 小2と言えば九九、という訳で、毎日がんばって唱えております。
九九を聞いていると、1つの chiffre (数字) に対して複数の prononciation (発音) がある日本語はとても pratique (便利だ) と改めて思います。

フランス語だと、4は quatre、7は sept 以外に読みようがありません。では、les écolier français (フランスの小学生) は、どうやって九九を覚えているのでしょう?そもそも九九ってあるのでしょうか?
   
まず、かけ算のことは、la multiplication と言います。 multiplier「増える」「増殖する」という意味の動詞 の名詞形ですが、例えば、
4 x 5 = 20 は、quatre multiplié par cinq égale vingt. となります。

そして、九九のことは、la table de multiplication (かけ算の表) と言います。 
「回」「度」を表す fois は「倍」の意味もあり、先ほどの la multiplication は、

quatre fois cinq font vingt.  

とも言えます。

また、例えば「それは10倍長い」は 

C’est dix fois plus long. 

と言うことができます。

そして、la table de multiplication の時にも、こちらを使うのです。
= にあたる、font を省略し、

2 x 2 = 4 : deux fois deux, quatre
2 x 3 = 6 : deux fois trois, six
2 x 4 = 8 : deux fois quatre, huit

のように唱えていくのです。我々日本人にとっては、計算を tel quel (そのまま) 言っているようで、覚えにくそうな感じがしますが、comme une chanson (歌のように) 唱えるので覚えられるのだそうです。

ところで、長男のクラスでは、九九検定なるものがあり、1つの段ごとに、「上り九九」「下り九九」「バラ九九」の3つができてようやく合格、となります。

私が小さい頃は、上りだけ覚えさせられたと記憶していますが、それさえもサボっていたので、恥を忍んで白状しますが、6の段以上になると、少々怪しいところがでてきてしまいます・・・。 検定のために毎日家で練習させるのですが、バラ九九となると、聞いているこちらの方が時々目が泳いでしまう有様。
子ども達はこんな親にならないよう、しっかりがんばってもらいたいものです。  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...