Abribus

先日、息子達と出掛けた帰り道、家の近くの l’arrêt de bus (バス停) に貼ってある la bière (ビール) の une publicité (広告) を見つけた次男が、

「あ!『やっちゃえ日産』の人だ!」と指差しました。
そして、
「この人って、宣伝のプロの人?」と長男。

「・・・・。」(私)

家庭教育ができてなくて、すみません、永ちゃん。
今度の休みに、le roi du rock n roll (ロックの王様) の姿を見せておきます。

ちなみに、日本では「〇〇の神様」とよく言いますが、フランスでは le roi de 〇〇を使うことが多いようです。唯一神が文化の基本にある国と、八百万の神様がいる国では、un dieu / une divinité (神様) の重みが違うのかもしれませんね。日本には le roi がいたこともありませんから、馴染みがないことも関係しているかもしれませんが。 

さて、それはさておき、depuis quelques années (数年前から)、横浜市の、特に大通り沿いの les arrêts de bus が、un toit (屋根) と un banc (ベンチ) 付きの confortable (快適な) で、ちょっとオシャレなものに取り替えられています。そして la plus grande caractéristique (一番大きな特徴) は、大きな une publicité が付いていること。

実はこれ、フランスの JCDecaux という会社が発案した l’Abribus というもので、広告収入で l’installation (設置) から l’entretien (維持・管理) の les frais (費用) をまかない、la compagnie de bus (バス会社) や les municipalités (自治体) の負担は0という、画期的な le concept (コンセプト) なのです。

l’abri は「保護する、防ぐ、(人を) 収容する」という意味の abriter という意味の動詞の名詞で、「避難所」「避難小屋」「防空壕」という意味があります。また、à l’abri de 〜「(危険・不都合なこと) を逃れて 」という表現でも使われます。

sur toute la France (フランス中に) 広まり、今では l’Europe (ヨーロッパ) だけでなく、l’Amérique du Nord (北アメリカ), l’Amérique du Sud (南アメリカ), l’Afrique (アフリカ), le Moyen-Orient (中近東), l’Asie (アジア), l’Océanie (オセアニア) と、世界中で取り入れられ、日本では三菱商事との合弁会社、MCdecaux が管理運営しているようです。


そのままフランス語をカタカナにすると、「アブリビュス」と、なんか居酒屋かお寿司屋さんで出てきそうなメニューっぽいからなのか、今のところ「広告付きバス停留所上屋」や「広告パネル付きバスシェルター」と呼ばれているようですが、そのうち、短くて親しみやすい名前が付けられるといいですね。

Mont Fuji



今、le cousin de mon mari (ダンナの従兄弟) と sa femme (彼の奥さん) がフランスから遊びに来ています。un peu moins de deux semaines (2週間弱) の滞在で、しかも初めての日本、初めての l’ Asie (アジア) ということで、やれ le quartier chinois (中華街) だ、やれ鎌倉だ、やれ浅草だと、毎日忙しく観光しています。

そして、昨日の朝、sa femme から、

« Je voudrais voir le Mont Fuji. » (富士山が見たいの。)

とリクエストがありました。やはり、日本と言えば、フジヤマなんですねえ。
ce week-end (今週末) の予定は京都観光なので、

« Tu pourras le voir du Shinkannsenn. » (新幹線から見えるよ。)

と言ってみましたが、そんなんじゃ、満足できない様子。この時期、お天気が良いと、家の近くの公園からも頭がちょこっと見えることがあるんですけどね。やはり une carte postale (絵葉書) みたいなのが見たいのでしょう。お風呂屋さんにでも連れて行ってみましょうか。

さて、フランス語で「山」は la montagne ですが、「富士山」のように「〇〇山」という時には、le mont 〇〇 と言います。例えば、le guide Michelin (ミシュランガイド) にも掲載され、les touristes étrangers (外国人観光客) も大勢訪れるようになった 高尾山 は le mont Takao と言います。子供達と先日行ってきましたが、le mont Fuji が綺麗に見えました。

 ちなみに、les marrons (栗) のお菓子、le Mont-blanc (モンブラン) の mont もこれです。les marrons のペーストがモリモリの感じを le plus haut sommet d’Europe (ヨーロッパ最高峰) に見立ててついた名前らしいですが、blanc は白、つまり「白山」という意味なのです。

この頃は「紫芋のモンブラン」や「イチゴのモンブラン」なるものもお見かけすることがありますが、
「これじゃ、le mont-violet、le mont-rose でしょっ!」と心の中でツッコミながら、美味しくいただいております。

キャットフードや、コーヒーなどの商標で mon が使われていますが、こちらは「私の」を意味する所有形容詞なので、混同しないように気をつけましょう。
したがって、「私のモンブラン食べないで!」は

« Ne mange pas mon Mon-blanc ! »


と、なります。自分のデザートを取られそうになって、悶々とする感じが出ますね。
え?寒い?春が待ち遠しいですね。

小1の次男によると、そうらしいです ^^;
先日一緒に行ったのが、楽しかったのでしょうね


la température ressentie

寒い日が続いていますね。
先日、夕飯におでんを食べていると、長男が、
« On ne dirait pas qu’on soit tous dans la même pièce. » (みんな同じ部屋にいるとは思えないね)と言い出しました。

確かに、長男は un tee-shirt (Tシャツ)、次男は un sweat (トレーナー)、そして私は un pull col roulé (タートルネックセーター) という姿。
そして、ついには次男が、おでんを食べているうちに「暑い、暑い」と言いながら、torse nu (上半身裸) になってしまいました・・・。

未だに長男は、dans la journée (日中は) à manches courtes (半袖) 過ごしているようです。一応、家を出る時には à manches longues (長袖) の上着を着てはいますが、dès qu’il est arrivé à l’école (学校に着いた途端)、それを脱いでしまう様子。
次男の方も、dès qu'il est rentré à la maison (家に帰った途端), 裸足になってしまうし、一枚、また一枚と、遊んでいるうちに à manches courtes になってしまうことも。

frileuse (寒がり) の母とは、どうも la température ressentie (体感温度) がかなり違うようですね。子どもは風の子、このまま元気に冬を乗り切って欲しいものです。

さて、la température は「温度」、ressentir は「感じる」で、ressentir の過去分詞をつけて、体が感じる温度、ということで「体感温度」という意味になります。

Paris は寒そうですね ><
ちなみに、iPhone の「使用言語」を français に設定すると、la météo (天気予報) の欄に、lever (日の出), coucher (日の入り), risque de pluie (降水確率) などの下に、ressentie とあります。lever は le lever du soleil, coucher は le coucher du soleil が省略されているのですが、「体感温度」も、la température が省略されている訳ですね。  


毎日幾度となく目にすると、少しずつでも覚えてしまうものなので、お使いの smartphon の使用言語を français にしてみると、「へえ、こんな風に言うんだ〜」という発見をしつつ、 ボキャブラリーが増えるかもしれませんよ。是非、お試しください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...