le japonisme

珍しくフランスに行ったのに、ネタが la lunette だけでは寂しいので、 
再び、今更ながらのフランスのお話です。
久しぶりのフランスには、所々に le Japon が溢れていました。

シャツの特徴としてこれは・・・

子ども達に欲しいか聞いたら「いらない」と即答されたTシャツ


味わい深いのもあります


靴下 ご贈答用でしょうか




カッコイイのか悪いのか、ちょっとよくわかりません・・

別のお店。なぜか命令形
私の愛飲する bière も極度乾燥

結構いいお値段です



私が学生時代を過ごした20数年前にも、街で日本語の表記を多少は見かけることがありましたが、それはどちらかというと l’exotisme (エキゾチスム・異国趣味) によるものようででした。それに対し、現在は日本語の表記が cool (カッコイイ) とみなされているようです。日本人としては嬉しいことですね。
日本でも、英語やフランス語が書かれた des tee-shirts (Tシャツ) des sacs (カバン) des boutiques (お店), des emballages (包装) partout (至る所) にありますが、des anglophones (英語話者) des francophones (フランス語話者) はこんな気分で見ているのでしょうか。
日本びいきの方がフランスにも増えていると見えて、la culture japonaise (日本文化) を紹介したり体験できたりするイベントも多いようです。

このような、いわゆる「日本趣味」は le japonisme といい、19世紀にヨーロッパ中で大流行しました。Claude Monet (クロード・モネ)  Vincent Van Gogh (ゴッホ) のような les peintres (画家) les estampes (浮世絵) を収集したり、reproduire (模写) したりしたことは有名ですが、現在でも、例えば Louis Vuitton damier : ダミエのシリーズは市松模様に l’inspiration (インスピレーション・着想) を得ているそうで、la culture japonaise は世界的にも様々な分野で影響を与え続けていると言えるでしょう。なんだか誇らしいですね。 


幼い頃から la culture européenne (ヨーロッパ文化に憧れて、渡仏までしてしまった私ですが、de l’extérieur (外から眺めてみると、逆に自分の国の良さが見えたものです。son propre pays (自分の国), sa propre culture (自分の文化のことは、普段はあまり意識しないで過ごしがちではないかと思います。今一度、足元を見つめ直すのもいいかもしれませんね。最近、長男に勧められて戦国武将の物語にはまっている私ですが、今年の学びの秋の le sujet (テーマは、la culture japonaise, l’histoire japonaise (日本史にしようかなと思っております。

おまけの photos 


日本食屋さん、お寿司も丼も、なんでもありです
おにぎりが可愛いです

懐かしい!!
空港の売店にあった柔道の雑誌
フランスでもブームは去りつつあるのでしょうか 
かなり値引きされてます (涙)

lunette

もう9月も終わりますね。そんな今頃 les vacances d’été (夏休み) の話ですみません。今年の夏は久しぶりにフランスに行ってきました。2011年の le tremblement du terre (地震・震災) 以来なので、実に7年ぶりだったのですが、まず最初に「あ、フランスに来たんだな」と感じたのが、à l’aéroport (空港) les toilettes (トイレ) に入った時。
座るところに、アレがないんです! la lunette (便座) が!


一般家庭用の les toilettes にはもちろんありますが、les lieux publics (公共の場所) un café (カフェ) などでは、ただぽっかり un trou () があり、le couvercle (ふた) はもちろん、la lunette もないことがよくあります。そもそも日本のものより高さがあることが多いので、少々 les cuisses (太もも) が辛いことも・・・。フランスの人々は密かに毎日 le squat (スクワット) をして鍛えているのでしょうか。

ちなみに、「メガネ」のことも les lunettes と言いますが、こちらは droite () gauche () と二つ les verres (レンズ) があるので常に複数形です。ちなみに les toilettes も一つでも必ず複数形ですね。 そして、便座の方は la lunette des cabines la lunette des toilettes と言うこともあります。


それにしても日本の les toilettes は本当に confortable (快適) だなあと、つくづく思った久々のフランスでの vacances でした。ようやく朝晩は涼しくなり、la lunette のひんやりした肌触りに秋を感じるこの頃。そろそろ la lunette chauffante (温熱便座) にスイッチを入れようかと思っています。久々のブログがこんなネタですみません。     

grand changement

エフィを開校して10年になります。そんな節目の年に、期せずして le déménagement (引っ越し・移転) をすることになったこの春。新しい教室に移ってもうすぐ2ヶ月になります。もう随分前からここにいる感じがして、まだ2ヶ月しか経っていないなんてちょっと信じられないのですが、この春は身辺に色々なことがありすぎて、la notion du temps (時間の感覚) がおかしくなっているような気がします。
本当に、公私共に大変なことがたくさんありました。自分一人では抱えきれず、投げ出したくなることもありました。でもたくさんの人に支えられ、なんとか乗り切れたこと、心から感謝しています。les mots d’encouragements (励ましの言葉)les mots de sympathie (共感の言葉)、そっと見守ってくれる目。そんな小さな支えも、大きなエネルギーになりました。

そんな時にふと出会った言葉があります。

「大変」というのは、grand (大きい) changer (変わる) の組み合わせ。「大変」な時
は、大きく変わる、変えるチャンスだと思ってかんばろう。

自分の身に降りかかった des problèmes, des difficultés, des ennuis (大変なこと) を恨んで、des plaintes, des mécontentements (不平不満) を言っていても始まらない。これはune chance, une opportunité (チャンス) だと思って、とにかく前を向いて歩いて行こう。そんな気にさせられました。

実はまた次々と un grand changement がやってきており、ついつい下を向いてしまうのですが、度重なる des catastrophes naturelles (自然災害) で大変な思いをされている方々を思うと、そんな甘えたことは言っていられないと反省させられます。自然の力の偉大さ、恐ろしさに言葉もありませんが、どんな些細なことでもいいので、被災地の皆さんに、un bon changement (良い変化) が訪れることを切に祈ります。そして、私も前を向いて頑張って行こうと思います。

la nouvelle EFY (新しいエフィ) もどうぞよろしくお願い致します。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...